販売商品一覧会社案内会社概要事業概要所在地
雨音低減/断熱材

反響振動音防止、雨音・結露を軽減、公共建築物に最適!、静音設計(静音効果)、雨音対策、庇(ひさし)のスリム化とコストダウンに

反響振動音防止雨音・結露を軽減、静音設計(静音効果)、公共建築物に最適!雨音対策、庇(ひさし)のスリム化とコストダウンに、アルミ軽量庇に最適!梅雨や台風の前におすすめ、施工施工現場の即戦力、簡単施工、鋼板を選ばない

雨音対策、アルミ軽量庇に最適!庇(ひさし)の遮熱効果、施工の即戦力、簡単施工、鋼板を選ばない、貼るだけ

庇の断熱に、雨音低減に。雨音落着音比較テスト

ホンパネル® は、振動を吸収緩和する“静音効果”があり、防振材として個体伝播音を防ぎ“反響振動音防止”に役立ちます。金属製の屋根やひさしなどに「裏打ち」することによって遮熱・断熱効果はもとより、階下への不快な“雨音”の低減に効果的です。 また、日照による屋根の温度上昇を抑制して室温上昇の軽減・結露の緩和、冬期の保温なども効果があり経済的です。

金属製の屋根やひさし等は、軽量で加工性も良く、塗装技術の向上で耐久性も高くなっておりますが、その反面ほかの瓦屋根材などよりも衝撃による振動が大きいため“雨音がうるさい!”等問題が発生しております。

完全独立気泡構造のホンパネル® は、水や水蒸気を寄せつけないため膨潤、軟化、変質することなく初期の性能を持続し続けます。 静音設計の上でも、鋼板を選ばないホンパネル® は金属屋根材やひさしなどの製作に理想のスリム化とコストダウンを約束します。

雨音低減、防振性に優れた金属パネル用裏打、断熱結露防止材
▲top
雨音低減、防振材、金属音抑制、金属製屋根、庇の裏打に

1mからの水滴落下試験

試験体:アルミ板(アクリル塗装品)
寸 法:約300mm 巾×420mm
厚 み:1.0mm
下地材:ホンパネル®(片面粘着品)

1mからの水滴落下試験
録音・イメージ作成:株式会社RONMOM
 
裏打無し
 
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
7mmホンパネル裏打
 
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
10mmホンパネル裏打
クリック
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
15mmホンパネル裏打
クリック
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
20mmホンパネル裏打
クリック
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

金属製の屋根の場合、軽く、優れた加工性があり、耐久性が高い反面、他の瓦屋根よりも衝撃による振動が大きくなる為、雨音がうるさい等の問題があります。

ホンパネル® は、振動を押出法ポリスチレンフォームの完全独立気泡構造が吸収緩和する為、防振材として固体伝播音を防ぐ効果があり、金属音抑制に役立ちます。
金属製屋根やひさしに裏打する事によって、断熱効果はもとより、階下への不快な雨音の軽減に効果的です。また、日照による屋根の温度上昇を抑制し、室温上昇の軽減・結露の緩和・冬季の保温などに効果があり経済的です。
軽量で加工も簡単ですので、施工期間も短く、低コストで実施でき、膨潤、軟化、変形、変質することがほとんど無く、水や水蒸気を寄せ付けないため、初期の性能を持続し続けます。
自由設計の上でも、鋼板を選ばないホンパネル® は、金属製屋根材を理想の建材に変えます。

雨音低減、防振性に優れた金属パネル用裏打、断熱結露防止材
ホームページはこちら
▲top

ホンパネル®はアルミ・ステンレス・カラー鋼板など、内外装金 属パネルに裏貼りする機能性の高い断熱・結露防止材です。表 面にスキン層をもつ押出法ポリスチレンフォーム板(ダウ化工製 「ウッドラック」)に特殊アクリル系粘着剤を塗布した製品です。軽い・簡単・高機能のホンパネル®は、必ず皆様のお仕事のお役に立てることを約束します。

完全独立気泡構造で
トップレベルの断熱・防露効果。
水や水蒸気を寄せ付けないため、
初期の高い断熱性能を持続。
基材の片面に特殊粘着剤を塗布。
離型紙を剥がして貼るだけ。
1 枚の重さが約1.2Kg (板厚10mm)
軽く、持ち運び、取付けも容易。
簡単にカッターナイフ等で切断可。
指定寸法へカット加工も承ります。
特性

項 目 単位系 単  位 条  件 物 性 値
圧縮強さ SI N/cm2 23℃5%
歪時
12.7
MKS kgf/cm2 1.3
曲げ強さ
SI N/cm2 23℃
長さ方向
196
MKS kgf/cm2 20.0
熱伝導率
SI W/m・K 平均温度
20℃
0.034
MKS kcal/mh℃ 0.029
透湿係数 SI ng/m2・s・Pa 23℃
相対湿度50%
41
MKS g/m2hmmHg 0.02
線膨張係数
SI K-1 -30〜30℃ 6〜8×10-5
MKS cm/cm℃ 6〜8×10-5
吸 水 率
SI g/100cm2 23℃
24hr水中浸漬
0.01以下
MKS g/100cm2 0.01以下
加熱変形
温度
SI 80
MKS 80
 *物性値は、JIS、ASTM、に基づいた10mm厚の標準値です。
規格サイズ

サイズ(mm) 梱  包
7×910×1,820 40枚 オレンジ
10×910×1,820 30枚
オレンジ
15×910×1,820 20枚 オレンジ
20×910×1,820 15枚 ブルー
25×910×1,820 12枚 ブルー
30×910×1,820 10枚 ブルー
※特注サイズについてはお問い合わせ下さい。

接着性能

(単位:kgf/cm²)
アルミ ステンレス ガルバリウム鋼鈑 カラー鋼板
2.3 1.3 2.0 2.4

試験条件23℃/50%で貼付養生した後測定。
単軸垂直引張試験。引張速度3mm/min

ご注意:天井や斜面など常に荷重がかかるような場所に貼る場合は、
    はがれる恐れがありますのでご相談ください。
    安全性の観点から機械的固定の併用を推奨させて頂きます。

概要


建築改正基準法に基づくシックハウス対策

ホンパネル®に塗布したアクリル系粘着剤には、トルエンやホルムアルデヒド等のVOC規制化合物は含まれていません。
また、アクリル系粘着剤のホルムアルデヒドの発散値は接着剤と同等試験を行った結果、0.5mg/m2未満であり、規制対象外のランクで
あるF☆☆☆☆に相当します。
ホンパネル®の基材である押出法ポリスチレンフォーム板(ダウ化工製「ウッドラックTM」)もホルムアルデヒドを発散しない告示対象外
の断熱材であり、使用制限もなく安心してご使用いただけます。

他の裏打材との性能比較

  単位系 単位 ホンパネル® ウレタン ケイカル板 石膏ボード ひる石 吹付品
①熱伝導率 SI W/m・K 0.034 0.022〜0.028 0.14〜0.16 0.15〜0.22 0.07
MKS Kcal/mh℃ 0.029 0.019〜0.024 0.12〜0.14 0.13〜0.19 0.06
密度比重 SI Kg/m3 70 30〜40 210
MKS Kg/m3 70 30〜40 210
②吸水性 SI g/100m3 0.01以下(殆ど無し) 0.20(大)
MKS g/100m3 0.01以下(殆ど無し) 0.20(大)
曲げ強度 SI N/cm² 196 17.6(板状) 1175〜1760 390〜540
MKS Kgf/cm² 20.0 1.8(板状) 120〜180 40〜55  

①熱伝導率は数字が小さいほど性能が良い。
②数字が小さいほど吸水性が少ない。(上記数値は、当社実験値による比較です。)

グラフ

燃焼特性
  燃焼生成
ガス
燃焼有毒ガス 爆燃現象 発煙速度 消防法の
取り扱い基準
押出法
ポリスチレンフォーム
マウス
0/5 =死亡数/試験数
なし 5 該当せず
硬質ポリウレタン
フォーム
シアンガス
マウス
5/5 =死亡数/試験数
あり 13 指定可熱物
出典 高分子誌
(1973)
建築材料誌(1978)
日本災害医学会誌
建築防災
(1978)
500℃csm3/min 
プラスチックエージ
(1967)
ホンパネル®は、外壁パネル乾式改装工法に使用する「省エネ外断熱」に最も適した断熱材です。 ホンパネル®は建築用断熱材の中でもいち早く、1993年にノンフロン化を 完了して以来、15年間変わらぬ品質・性能でご愛顧頂いております。
スコアボード改修/断熱材 スコアボード裏側/高機能断熱材 新横浜駅 駅舎改修 はがして、張るだけの簡単施工/高機能断熱材
スコアボード改修ページへ>> スコアボード裏側ページへ>> 新横浜駅 駅舎改修ページへ>> はがして、張るだけの簡単施工>>
雨音低減、防振性に優れた金属パネル用裏打、断熱結露防止材
ホームページはこちら
▲top

 
   プライバシーポリシー お問合せ サイトマップ 販売商品一覧

Copyrigth ©2004-2018 GOOD RIGHT HONSYU Co.,Ltd.

グッドライトホンシュウ株式会社 グッドライトホンシュウ
本社/〒543-0013 大阪市天王寺区玉造本町11-24 TEL.06-6763-1221(代) FAX.06-6763-1229
東京/〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-13 大手町宝栄ビル4F TEL.03-3259-7825(代) FAX.03-3259-7829